国土交通省の立入検査の内容

国土交通省の立入検査の内容

2019年11月13日(水)6:43 PM

建設業許可サポートセンター石川、行政書士の宮田です。

 

 

建設業許可における大臣許可業者は、許可取得後または定期的

に建設業担当部局による立入検査が行われます。

 

北陸地方整備局の管轄内には約350社の事業者があり、年間

50社ほどの事業所へ検査が行われているようです。

 

許可取得後に一度来られますが、そのあと平均して7年に一回の計算ですが、

3年後、10年後に来られる場合もあり、そのあたりは状況次第のようです。

 

そこで、何がチェックされるかですが、

 

事前に教えてくれます。

 

ですが、来た理由については定期的なものなのか、そうでないかはわかりません。

 

最近は、「下請取引の適正化を中心とする法令遵守の取り組み」

を重点的に検査を実施されてます。

 

①下請と基本契約を結んでいるか。約款も含め。

②書面での見積書、発注書の締結。

③下請へ支払い状況。

④法定福利について・・・などなど

 

それ以外にも、看板の設置状況、常勤性なども検査されます。

 

備えあれば憂いなし。

 

ですが、やっぱり検査されるのは気が張ります。

 

立入検査は、事業者様にとって準備も大変ですし、これで大丈

夫であるかという不安もあるかも知れません。

 

弊所では建設業法を理解している立場から、建設業者様の法令

遵守に対する取り組みを一緒に行っていくサポートもしており

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



«   |   »


建設業許可サポートセンター石川
行政書士:宮田 貢(みやた みつぐ)
▶詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

Return to Top ▲Return to Top ▲