個人事業主から法人なりして建設業許可を承継する

個人事業主から法人なりして建設業許可を承継する

2022年01月24日(月)7:11 PM

個人事業主から法人なりして建設業許可を承継する

【譲渡及び譲受け認可申請】

についてよくある質問を以下の通りにまとめてみた。

 

 

Q:個人から法人なりで建設業許可を承継するこはできますか?

A:令和2年10月の建設業法改正により可能です。

 

 

Q:建設業許可番号はどうなりますか?

A:番号が変わらず引き継ぎ可能です。

 

 

Q:経営審査事項の内容も引き継げますか?

A:一定の要件を満たすことにより以下が引き継げます。

 ①完成工事高・元請完成工事高

 ②平均利益額

 ③営業年数

 ④技術職員

 

 

Q:公共工事の入札などはどうなりますか?

A:入札参加資格も変更が必要ですが引き継げます。

 

 

Q:注意点はありますか?

A:事業者様にもよりますがいくつかあります。

 ①労務・財務手続きの事前準備

 ②法人設立から認可申請までのスケジュール管理

 ③行政により対応が統一化されていない

 ④認可まで法人で建設事業を行えない

 

 

私見といたしましては、法改正されて間もないこともあり臨機応変に対

応が求められる場合がある。

 

特に自治体の窓口において、事業承継による入札参加資格変更をする際

は、初めて取り扱うケースの場合も多く、事前に打ち合わせが必要なこ

とが多い。

 

 

しかし事業者側にとってメリットが多い法改正であり、今後この個人か

ら法人なりで建設業許可を承継するケースは増えてくると思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 



«   |   »


建設業許可サポートセンター石川
行政書士:宮田 貢(みやた みつぐ)
▶詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

Return to Top ▲Return to Top ▲